今ではレビトラしか考えられない!私を変えたED治療薬

レビトラとジェネリック

ファイザーのバイアグラ、イーライリリーのシアリスと並んでED治療の三大先発薬とも言えるレビトラですが、バイアグラやシアリスにはない独自の特徴から一定以上の人気を保っています。
バイアグラに次いで開発されたED治療薬であるレビトラは、アスピリンなどの医薬品でも有名なドイツのバイエルの製造になります。
PDE5という酵素がありますが、これはペニス内の血管を拡張させて勃起をうながす成分を破壊してしまう酵素なのです。
有効成分バルデナフィルは、このPDE5を抑えることで勃起をサポートします。
レビトラが他のED治療薬と比べて優れた点のひとつとして、効即効性高さがあげられます。
服用開始から薬の効果が出始める時間は最短では15分程度とされています。
これは急展開で行為へ発展するシチュエーションなどには重宝されるはずです。
また、バイアグラやシアリスに比べて食事やアルコールの影響を受けにくいのも特徴です。
ただやはり確実な効果や即効性を求めるのであれば、空腹時の服用がよいでしょう。
効果の持続時間は、バイアグラよりも長く20mgの成分量で8~10時間程度となっています。
そんな優れたED治療薬も先発医薬品ゆえ、どうしてもそれなりのコストがかかってしまいます。
クリニックなどで継続して処方してもらうことは人によっては大変な負担となるでしょう。
しかし現在は後発医薬品の登場によりその状況は大きく変わってきているのです。
後発医薬品の代表的なものとしてインドのマハーシュートラ州、ムンバイに本社を置くアジャンタファーマによる、バリフがあります。
先発医薬品同様にバルデナフィルを有効成分とし、バランスの取れた効果効能から大変な人気を博しているのを語存じでしょうか。
さらにはゼリー状のバリフゼリーというバリエーションも展開されています。
バリフゼリーは様々なフルーツの味がついているため飲みやすい、ゼリー状のために吸収が早くさらなる即効性がある、水も不要、という優れた特徴がありこちらも海外で入荷待ちが起きるほどの人気を集めています。